風俗系スカウトの詐欺は、どんな手口が多いですか?

街を歩いていて「ナンパかな?」と思ったら風俗のスカウトだった、という経験をした人はいるでしょうか。
ナンパのようなスカウトマンの紹介で心配することは

  • 実際にお店で働いた人がいるのか?
  • 彼らは詐欺じゃないのか?
  • 信用しても大丈夫なのか?

ドラマなどで知名度は上がってきているものの、まだ色々と謎多きスカウトマンについて紹介してみたいと思います。

風俗のスカウトマンとは

スカウトマンはキャッチとも呼ばれ、繁華街やビル街などに立っていて、これと思った女の子に路上で声をかけ、お店や事務所へ連れて行って面接や入店をすすめるのがお仕事です。
モデルやタレントが所属する芸能事務所のスタッフが、目に留まった女の子を自分のプロダクションへとスカウトするのはよくあることで、原宿や渋谷で実際にスカウトされてデビューし、現在も活躍している人は多数存在しています。
これと全く同じ手口で、女の子を風俗店や個人撮影、アダルトビデオといったAV関係の仕事へと勧誘するのが風俗系スカウトマンです。
彼らはスカウトした女の子をお店や事務所へ連れて行き、働かせることでバックと呼ばれる報酬をもらえます。
中には個人との愛人契約を仲介しているスカウトもあります。
スカウトマンは見るからにホストっぽい、色黒長髪にサングラスのような派手な外見の人もいれば、ごく普通の会社員に見える人もいます。
数は少ないですが、女性のスカウトも存在します。
パッと見には誰が怪しくてだれがまともか、水商売の勧誘か風俗・AVの紹介かはわからないことが多いです。

こちらへどうぞ

スカウトされる時の流れ

スカウトマンは札幌や東京、大阪、名古屋、福岡といった主要な都市の繁華街にいて女の子を呼び止め、並んで歩きながら口説いたり、立ち止まって勧誘したりしてきます。
夜にいることが多いですが、昼にスカウトされる場合もあります。
綺麗ですね」「とても可愛いね」など、最初はナンパのように近づき、自分はこういうものだと名刺を渡されます。
プロダクションや芸能事務所、またはスカウトする店舗所属の名刺であることがほとんどで、よかったら一度面接に来ないかと勧められます。
その日は断ると、LINEやTwitterなど、SNSのアカウントを交換したいと持ち掛け、後日連絡を取ってきたりします。
とても可愛いからすぐに人気が出ると思う、逸材だからびっくりするほど稼げる、芸能界デビューのチャンスもあるなど、彼らは色々なスカウト技術を駆使して面接を勧めてきます。
勧誘される内容が全て詐欺というわけではありませんが、その手口や誘い文句など、限りなくグレーに近いものも多いです。
そもそも路上で声をかけて勧誘する行為自体が違法なため、その時点でアウトではあるのですが。

日が暮れる街並み

スカウトマンの報酬とスカウト以外の仕事

スカウトマンは、お店や事務所に連れて行った女の子が実際にそこで働くことになった場合に、女の子が稼いだ給料に対して、大体5%~20%ほどのバックマージンをもらいます。
女の子のお給料から引くわけではなく、計算した額が別途支給される形です。
女の子が働き続きていれば継続してバックをもらえるので、女の子の相談に乗ったり愚痴を聞いたりして、できるだけ長く勤めてもらうようにケアするのもスカウトマンの仕事です。
もし女の子が辞めることになっても、また別のお店を紹介してあげると、今度はそこからバックがもらえるシステムになっています。
気持ちよく働いてもらうために、一緒に食事をしたり映画を観たり、一緒に飲みに行ったりなど、まるで友達か恋人のように付き合うスカウトマンもいます。
そうして自分に貢がせようとしたりする「色恋営業」をはたらくスカウトマンもいます。

風俗のスカウトマンが声をかけやすい女の子

風俗のスカウトマンが女の子を選ぶ基準は「風俗の仕事に抵抗がなさそうかどうか」です。

  • 顔やスタイルはいいのにどこか田舎っぽい
  • タイツやニットに毛玉がついていたり
  • 年季の入ったパンプスやブーツを履いている
  • 染めた髪がプリンになっている
  • パンクなどバンギャ系の服装をしている

このような女性はスカウトされやすいです。

金遣いが荒そうか、買い物が好きそうかなども、彼らが声をかける際のポイントになっています。
やたらブランドものの小物を持っている、ブランド店や高級洋服店の買い物袋をいくつも下げて歩いているような子も狙われやすいです。
また、既に風俗で働いている女の子に、他店を勧めるためにスカウトを行う場合もあります。
風俗街で声を掛けられる場合もあれば、お店にお客としてやってきて、プレイが終わった後に「ぜひうちの店に」と勧誘されるケースもあります。

風俗系スカウトの詐欺によくある手口

お願いする男性

スカウトマンが風俗に勧誘するのに、ストレートに「ソープで働いてみませんか」と勧誘することは、実は少ないです。
「キャバクラで働いてみないか」「ガールズバーやってるんですけど、うちで働きませんか」といったような、水商売の勧誘から始まるケースが多いです。
そこで興味のあるそぶりを見せると、次第に「キャバクラより稼げる仕事がある」「脱いだり、舐めたりしなくても全然大丈夫」といって、キャバクラよりディープなセクキャバや、フェラのあるピンサロへ誘導するような流れに持っていきます。
「綺麗だからモデルにならないか」「君ならアイドルになれる」といって、AV出演に勧誘する詐欺もあります。
この場合も、話を聞いているうちに「男性とのソフトな絡みで、ものすごく儲かる仕事がある」「セクシーアイドルとして芸能界にも出られる」など、徐々にアダルトな内容へ誘導されていきます。

それまでは話も弾み、友達のような感じだったのが、面接へ行くことになったとたん、中でお店の人と一緒になって入店を勧めてきたり、強引に風俗へ勧誘したりすることもあります。
モデル事務所やキャバクラだと嘘をついたままソープやヘルス、AV女優所属の事務所へ連れて行き、強引に体験入店させてしまうのです。
お店に入った後も、スカウトはバックを継続して欲しいため、お店を辞めようとすると引き留めようとしたり、他にもっといい条件で稼げるお店がある、といって、ヘルスの子をソープへ紹介しようとしたりします。
酷いケースになると、タレントとしてデビューできると偽ってエステへ連れて行き、デビューするために必要といって何百万もするようなコースを契約させたり、事前研修をするといってセクハラまがいの行為をされてしまうこともあります。
悪質な業者の中には、女性のスカウトマンを使って女の子を安心させ、勧誘に持ち込む手口もあります。
女性スカウトなら、女性しか入れない場所へ潜り込むことができるため新規開拓に都合がよかったりします。
女性の言う事だからといって、ついていった先で暴力やセクハラを受けない保障はないのですが、同じ女性だとつい警戒心が緩んで、という心理を利用しています。

風俗系スカウトの詐欺に合わないために

このような詐欺に合わないようにするためには、極力街頭で声をかけられても、そのままついて行かないようにすることです。
その場は急いでいるから帰る、といった時に、連絡先を交換するよう迫ってくることがあります。
その場合は捨てアカやいつでも削除やブロックできるSNSなどのツールを別に作って、薄く繋がっておくようにします。
声をかけられた際に、ほとんどのスカウトは名刺を渡してきます。
帰ったら、そこに書かれている社名を検索してみて、ちゃんとした事務所か、どんな業種をメインに運営しているのか、同じ名前の大手グループと紛らわしいネーミングにしていないか、悪い噂が立っていないかなどについてじっくり調べてみましょう。
出てきたホームページがしっかりと作られているか、マメに更新されているかといった点も要チェックです。

  • 月に数百万稼げる
  • 脱いだり舐めたりしなくても大丈夫な仕事
  • 特別なルートで紹介できるから、普通に入店するより条件がいい

根拠もなくおいしい条件を並べてくるスカウトマンも怪しいです。
世の中美味しい話ほどウラがあるものなので、簡単に信用しないようにしたいものです。
街頭でのスカウトは、疑い過ぎるくらい疑って丁度よいです。
渡された名刺に書かれている会社に、そのスカウトマンが本当に所属しているのかどうかも疑ってよいくらいです。
会社の電話番号が書かれておらず、携帯の番号のみだったり、会社の番号に電話してもいつも出ない、応対が怪しい、といった場合は、その会社に所属しているかのように振る舞って勧誘している詐欺かもしれません。
街頭でのスカウトよりも、実はもっと信用できないのがSNSのダイレクトメッセージなどで話しかけてくるスカウトマンです。
「プロフィールの写真がかわいい」などといって近づいてきますが、これはどこの誰が、何の目的でコンタクトしているのかが全く不明です。
Twitterなどで、まれにフォロワー数やフォロワーの種類などから、身元のしっかりした人だと判断できる場合もありますが、アカウント乗っ取りなどもあるので、一度も会ったことがなく、何の繋がりもない人からのメッセージはまず疑った方がよいです。
モデルやタレントへの勧誘を装い、風俗に限らず援助交際や振り込め詐欺、出し子や受け子と呼ばれる、現金や薬物の受け渡しをする仕事など、違法なバイトへ勧誘される恐れがあります。
顔出ししていない分、街頭でのスカウトより悪質な場合が多いので、話しかけられても無視してブロックするようにしましょう。

ダメ絶対

風俗のスカウトを使うメリット

ここまで、風俗系スカウトの怖い面ばかりを紹介してきましたが、全てのスカウトが信用できない、という訳ではありません。
中には業界の事情に詳しく、信用できるお店や人気のお店を教えてくれたり、希望のお店へ口を聞いてくれるなど、上手に利用すれば女の子側にもメリットになる場合もあります。
風俗で働くことを家族や周囲には内緒にしている場合、仕事上での愚痴や悩みなどを話す人がなく、結構孤独な風俗嬢は多いです。
そんな時に、バックが入るという目的のためとはいえ、時々相談に乗ってもらったり、話を聞いてくれるスカウトの存在がありがたい、というケースもあります。
スカウトはピンサロ、ソープから個人撮影、リフレ、企画モノAVの事務所など、様々な業種に繋がりを持っている人もいます。
ピンサロからヘルスに移りたい、よいプロダクションを紹介してほしい、といった風俗経験者にとって、具体的な相談をしやすい存在でもあります。
自分でお店を探して問い合わせ、面接へいくのは結構勇気がいることなので、スカウトにそこまでの仲介をしてもらうことで精神的に少し楽、というメリットもあるでしょう。

求人サイトのスカウト機能について

スカウトマンの存在以外にも、ネットの風俗求人ではスカウト機能がついているものもあります。
自分の簡単なプロフィールやカップ数、NGな行為や得意な行為などを記載して、平気なら顔写真も登録しておくと、可愛い子であればたくさんのスカウトメールがやってきます。
自分から働きたいといって出向くよりも、スカウトされて面接に行く方が、交渉の際気分的に有利に勧めやすいですし、ミスマッチも少ない場合が多いです。
ただ、こちらのプロフィールなどほとんど見もせずに、定型文を送りつけているだけのお店もあります。
「フェラはNG」「受け身は苦手」と書いてあるのに、スカウトメールを送ってきたお店の営業用ホームページを見ると、ディープなサービス専門店だった、ということはよくあります。
スカウトされた際の文面が自分のプロフィールをよく見て、丁寧に書かれたものかどうかをチェックすることが大切です。
風俗求人サイトに登録しているお店だからといって、完全に信用してはいけません。
風俗業界は回転が早いので、人気がなかったりトラブルを起こしたりして新規オープンを繰り返しているようなところもあります。
長年営業している大手グループ運営のお店などが比較的信頼できるので、スカウトしてきたお店のホームページも確認することをおすすめします。
デメリットやリスクが多く、ちゃんとしたところか確認するのに時間のかかる風俗のスカウトですが、情報が欲しい場合には役に立つこともあります。
簡単に信用せず、すぐについて行ったりしないこと、甘い話やお金を払わせようとする流れには絶対に乗らないことが大切です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です