ホテトルは違法売春なの?実態とリスクについて

風俗と一口に言っても様々な種類があり、ピンサロやソープなどのサービス内容はご存知の方が多くても、ホテトルについては曖昧な認識という方も多いのではないでしょうか。
特殊な業界であるために、面接時にきちんとした説明をせずに採用して働かせる、という悪質なお店も残念ながら存在します。
働き始めてから「話と違う!」「ここまでやるなんて聞いていない!」なんてことは絶対に避けたいですよね。
ここでは実際の仕事内容、そして違法性の有無について見ていきましょう。

※参考記事 ホテトルは違法風俗で間違いない?危険ですか?

ホテトルって何?どこまでするの?

似た名前ゆえに混同されがちですが、デリヘルというサービスがあります。
お客さんのところへ女の子を派遣し、行為に及ぶのです(本番行為は禁止です)。
それに対し、ホテトルとはラブホテルでトルコ風呂(ソープランドの昔の呼び名)のサービス、つまり本番行為をします。
DC(本番ありのデリヘル)と呼ばれることもあります。
ソープランドと違い、特殊浴場としての認可を受けていないので、本番行為を行うことは完全に違法行為となり、管理している店舗側が逮捕されるリスクがあります。

ホテトルが違法になる理由

手錠

ではなぜ、ソープ以外での本番行為が違法になってしまうのでしょうか?日本の法律と風俗業の関係についてご紹介します。

まず、風俗店を始める場合、警察に届け出をします。
ソープランドは施設の設備や営業時間など、法律で定められている内容を警察に届け出て、それに沿った営業をしなければなりません。
そして、ソープランドはあくまでも店舗内でのみ本番行為が黙認されている状況です。
デリヘルの場合も警察に届け出を行い、店舗が認めている営業の範囲内でのみサービスを認められています。

一方、ホテトルはラブホテルやレンタルルームを使い、指定された店舗以外の場所で本番行為をする風俗店です。
不特定多数のお客さんを相手にし、お金を受けて本番行為をするため、売春に該当してしまい、営業している店舗または個人が逮捕されるリスクがあるのです。

違法なのにホテトルがなくならない理由

違法な店舗であるホテトルですが、現在も日本国内に存在します。
逮捕されるリスクを抱えながら、なぜ中々無くならないのでしょうか。

  • 女の子とソープランドではなく、ホテルで本番をしたい
  • 暴力団の資金源
  • 出稼ぎで来ている外国人女性が個人で営業している
  • 国内に数多く存在するラブホテルで行われるのでそもそも取り締まりが難しい

などの理由があり、加えて当人同士の恋愛感情で気持ちが高ぶり、セックスに発展したというパターンとの見極めも難しく、逮捕することが中々できないのです。

騙されてホテトルで働かないようにするには?

違法な営業をしているお店側が逮捕されるのはもちろん、もしあなたがホテトル嬢として働いていた場合、警察の追求がいく可能性は十分にあります。
法律上違法とされている以上、ホテトルをするべきではありません。
しかし、一見デリヘルのような店舗でも、実態はホテトルだった、ということもあります。
うまく騙されて、気づいたときにはホテトル嬢になっていた、ということがないように、求人募集を見る際、どこに注意したらいいかを見てみましょう。

「年齢不問」や「ミテコでも働ける」は危険!!

一番多いパターンです。
ちなみにミテコとは、身分証明が提出できない子=18歳未満、または未成年の略です。
違法な売春行為を斡旋する店舗ですので、18歳未満の女の子でも平気で採用するという特徴があります。
もちろん、年齢も違法になってしまいますが、組織的に違法行為を働いているので、関係ありません。
求人募集の条件に違法性がある場合、ホテトルであると疑ったほうがよいでしょう。

裏がある営業マン

即日払いで異常な高収入

また、その日に高額な給与がもらえることを謳っている場合も注意が必要です。
ホテトルの給与については定義があいまいなので、内容がいい加減ということも珍しくありません。
バック率がバラバラということもしばしばあります。
不自然な給与体系だと感じるお店は、ホテトルの可能性が高いので、あらかじめ応募しないのがベストです。

援デリも要注意

看板

援デリ(援助デリヘル)という言葉が登場しています。
こちらも出会い系サイトや出会い系アプリでよく見かけますが、提供サービス・仕組み共にほとんど変わりませんので違法です。
ホテトルと同じような方法で女の子を集め、一般の女の子を装ってお客さんを呼び寄せています。
運営している業者も実態は暴力団ということが珍しくありません。
ラブホテルで本番をすることに期待する男性も多いので、援デリにもそれなりの需要はあります。
そのため、一時的な収入はよくなることも多いと思いますが、いわば売春行為であり違法ですから求人に応募しないように気を付けましょう。

本番がバレたときの風俗嬢の責任

ソープランド以外の風俗では本番行為が禁止されています。
法律上、売春行為をしている風俗店は違法です。
では、本番をしてしまった風俗嬢には責任を問われるのでしょうか。
売春防止法の観点から見てみましょう。

そもそも売春防止法とは何か?

対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること

Wikipedia:売春防止法より引用

不特定の相手方、とは愛人や恋人等以外のことを指します。
特定の相手との間で対償(金銭等)のやり取りがあったとしても、売春にはなりません。

本来、売春防止法は個人を取り締まる目的ではありません。

法律ができた経緯は、貧しい女性が身体を売るのを防ぐ目的だったため、売春行為を行っている風俗店の店長やオーナーが逮捕されます。
そのため、通常は風俗嬢が逮捕されることは考えづらいのです。

ただし、ごくまれにではありますが、デリヘル嬢がほう助の罪に問われることはあります。
たとえば、デリヘル嬢がお客さんに金銭の対価に本番交渉をしている場合、法律に抵触する可能性が高いです。
とくに、複数のお客さんから証言があったり、デリヘル嬢が脅迫してチップを要求していた事実があったりすると、逮捕されてしまうことも十分ありえます。

サイコロ

正当に営業するデリヘルが適法な理由

ホテヘルと混同されがちなデリヘルですがなぜ違法性がないのでしょうか。
ここでは、デリヘルが適法な理由をご紹介します。

デリヘルが適法な理由は、性交類似行為(本番以外の性的サービス)は法律で許可されているからです。
いわゆるフェラチオや手コキ、スマタは本番行為に当たらないため、法律上は売春とは異なります。

適法なデリヘルは警察に届け出をして、法律の範囲内で営業しているのです。
そのような真面目にやっている風俗店で働くことで高収入は期待できます。
即日払いや週払いでお給料がもらえるお店も少なくありません。
逮捕されてしまうリスクのある違法な営業を行うホテヘルで働かなくても、十分に稼げる見込みは高いです。

稼げる適法な風俗店の探し方

ホテヘルについて考えてみると、「本番行為をする代わりに高収入」「ラブホテルへ派遣する無店舗型風俗」という要素があります。
この条件で働くなら、法律を順守する違法性の無いソープランド、またはデリヘルで働くのがおすすめです。
では、どのような店舗なら安全に働けるのでしょうか。

優良店を厳選した風俗求人サイトの利用

印

一番確実な方法です。
もし違法な店舗をサイトに掲載していると、運営会社側の評判が悪くなってしまいます。
今の時代、評判というのは口コミであっという間に広がってしまうので、事前に掲載する風俗店の審査を行い、正当な営業を続けている店舗のみ、掲載をするのです。

よほどの理由がない限りホテトル嬢はやめたほうが無難

いかがでしたか?甘い条件につられて、ホテトル嬢になることの危険性がおわかりいただけたかと思います。
一時的に高収入は得られるかもしれませんが、裏に暴力団などが絡んでいたり、最悪の場合逮捕されるリスクが考えられます。
後々のことを考えるとホテトル嬢として働くべきではありません。
正当な営業をしていて、かつ高収入が期待できるソープランドやデリヘルを選ぶようにしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です