デリヘルのネット指名って、パネマジで揉めたりしないの?

デリヘルのネット指名でのパネマジで揉めるかどうかは、そのお店がパネマジのレベルによります。
少し修正する程度であるのなら、特に揉める事もないものの、お店によっては全くの別人の写真である事もあります。
これは当然揉める対象になります。

デリヘルのネット指名でのパネマジ

携帯電話やスマートフォンを誰もが持っている時代になった今、お店のホームページや風俗サイトなどにアクセスし、デリヘルに在籍や出勤しているデリヘル嬢の写真を簡単に見られるようになりました。
そしてネット指名する事に繋がります。
ここで一つ問題になるのが、パネマジです。
多かれ少なかれ、どのデリヘルでもパネマジはあります。
しかし、多くのお店が少し角度を変える事や修正する程度のもので、実際に会った時にはそこまで違和感がある訳ではなく、揉める事に繋がりません。

パネマジで揉めるケースとは

パネマジで揉めるケースとしては、やはり酷いレベルの時です。
明らかに写真とは同一人物だと思えないという時には揉める事もあります。
当然お客様としてその写真の人物だからネット指名したのであり、全くの別人レベルであるのなら当然揉める事に繋がってきます。
お店によってはパネマジではなく全くの別人の写真を掲載している事もあります。
パネマジにも悪意があるものとそうでないものがあります。
悪意があるものなら、揉める事もあるのが事実です。

お客様が勘違いしてしまうケース

少しのパネマジであっても、揉めるケースもごく稀にあります。
ネット指名をする場合は事前に予約します。
そして当日の予約の時もあれば数日後の予約の時もあります。
特に数日後の場合は、パネルの写真を自分の頭の中でさらに美化し続けていくもので、これが実際にデリヘル嬢に会った時にパネマジだと勘違いしてしまう事に繋がります。
実際には多数の枚数を撮影した中で最高のショットを選び出しているだけであっても、勘違いによってパネマジを疑ってしまう方もいます。
その落胆の気持ちの持っていきようがない事が、揉めるという結果になります。
ただ、写真の特性上致し方ない部分も大いにあります。

まとめ

デリヘルのネット指名でのパネマジで揉めるケースとしては、酷いレベルの時とお客様が自分で美化し過ぎた時です。
それ以外の場合は揉める事はほとんどありません。
そしてお客様も多かれ少なかれパネマジがあるという事を分かっているのも大きなポイントで、揉めない理由に繋がります。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です