デリヘルで年末出勤したら、お茶でボーイと年越しました↓

年末年始はデリヘルに限らず風俗店業界全体で稼ぎ時になります。
しかし、12月31日と1月1日は話が別です。
帰省してご家族と過ごさざるをえないという方も多く、利用者は少なくなります。
だからこそ、この二日はお休みにしているお店も多いものです。

年末年始は風俗業界全体での稼ぎ時

1年の中で、風俗業界全体で最も稼ぎ時になるのが年末年始です。
年末年始は冬のボーナスが出たばかりで、懐が温かい時期となります。
そして、忘年会や新年会で繁華街に繰り出す機会も多くなり、そして風俗への需要も増えてきます。
さらに、クリスマスもあるのが大きいです。孤独な男性にとってクリスマスは風俗遊びをしようと考えるのは少なくありません。
デリヘルに限らず、風俗業界は世のイベントごとに合わせて稼ぎ時が変わってきます。
年末年始はイベントごとが目白押しで、デリヘル嬢としても頑張り所です。

12月31日と1月1日は稼げない

確かに年末年始は風俗業界全体で稼ぎ時になるものの、12月31日と1月1日は稼ぎ時ではありません。
この二日に関しては、ご家族で過ごさざるをえないという方が多くなります。
そして風俗遊びをするのなら1月2日からと思う方も多くなり、全く利用者がいないというお店も中にはあるでしょう。
そもそも12月31日と1月1日は出勤できる女性を確保しにくいという部分もあり、お休みにしているお店も少なくありません。
1月3日からお店を開けるお店も少なくありません。
あくまでも、年末年始の稼ぎ時は12月31日と1月1日を除く日と認識しておいた方が良いでしょう。

12月31日と1月1日に休んでおくのが得策

12月31日と1月1日に関しては稼ぎ時ではないものの、これから嫌でも利用者が多くなってきます。
その為、12月31日と1月1日はお休みし、英気を養うのがおすすめです。年明けしてからはここぞとばかりにデリヘルを利用しようと思う方が多くなります。
その為、この稼ぎ時にはしっかり働いて稼ぐ事をデリヘル嬢は考えるべきです。休む間もなく次々とお客様から呼ばれる事も予想される為、12月31日と1月1日には休んでおくのが得策です。稼げる時に稼ぐ為には、休める時に休む事も大切になります。

まとめ

年末年始は風俗業界全体で稼ぎ時になるものの、12月31日と1月1日は話が別です。
ご家族でのんびり過ごさないといけない方も多く、利用者がほぼいないというお店も少なくありません。
12月31日と1月1日は休む日と考えるのが良いでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です