おじさん客が苦手なんですが、どんな対応してますか?

おじさん客が苦手という風俗嬢は実は本当は多い筈です。

しかし、それをなかなか口に出しづらい環境があるのです。

それがなぜなのかというと先ず。おじさんと言う意味合いから考えてい

く必要が出てきます。

厳密におじさんという仮定は難しいものです。

叔父さんと同じ年代を指すのであれば自分の親の兄弟となりますから

自分の年代足す25~30という所でしょう。

例えば25才の風俗嬢であればその対象となるのは50才~55才位が

おじさんですよね。

では、18才の風俗嬢から見ると、43才~48才になります。さてここで考えてみたいのですが、25才の風俗嬢から見た

48才のお客さんは無理やり範囲へはいったとしても18才の風俗嬢か

らみた55才のお客さんはでうでしょうか。

言葉の意味からは外れるでしょうが現実の判断はおじさんです。

ここから分かるように数字で比較する事はとても無理があるのです。

感覚として自分よりも年上である一定のラインに達した人の事

おじさんと言うのが本音でしょう。

おじさんは、なぜ風俗に通うのか?

そして、この年代というのは家庭での奥さんとの性交渉もなくなっているのも特徴です。

それでも性に対してはまだ興味を持ち続けている状態ですから

風俗の利用客の中の一定数を占めています。

つまり、いくら苦手であってもおじさんの相手をせざるを得ないという

のが実態です。

おじさんとのプレーが苦手です

自分のやりやすいように相手の行動をコントロールするのが最も手っ取

り早くて高価的です。

特におじさんといわれる人たちは女の子との接触に飢えているからこそ

風俗へ来ているのです。

つまり、こちらからその行動をリードして行く事が可能な訳です。

嫌われたくないという心理を逆に利用してしまいましょう。

口臭が凄いおじさんに対しては、最初に歯ブラシを渡して、

一緒にはみがきしょっ。などと持ちかけていくのです。

全く感じない所を何度も何度も舐め続けるおじさんには、気持ちいい

よ、もっと○○も舐めて。などいう感じでリードしてみるのです。

これまでどうしようもなかったおじさんたちが

まるで子犬のようにいう事を聞いてくれるようになります。

嫌味や説教してくるおじさん客

もうとつのおじさんが苦手とされる理由に直ぐに説教し始めると言う

場合があります。

こんな時は、ちょつと聞いたら抱きついて、

私の事そんなに考えてくれて嬉しいっ。と言ってあげましょう。

あっと言う間に鼻の下を伸ばしてデレデレとし始めるでしょう。

こんな感じで上手くリードしてコントロールすれば案外扱いやすいって

事が分かって貰えると思います。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です