風俗の面接は断りづらい!その場はOKして電話に出ない作戦

風俗店のイメージは少しブラックで怖いですよね。
勇気を出して面接に行ったら、予想通り強面の面接官!
その場で断ろうと思っても、こんな時は非常に断りづらいですよね?
脅されるかも・・・帰らせてくれないかも・・・
断りづらい時はとりあえずOKして、後で電話で断る女の子が多いです。

求人条件に嘘があった?

面接をして色々な話を聞いたら、求人とまったく条件が違った。
風俗業界にはよくあることです。
お店側はまず面接に来てもらわなければ、何も始まりません。
面接に来てもらうために、話を大きくして自店の素晴らしさを伝えることがよくあります。
悪質のお店の場合、あえて強面の担当を付けて断りづらい環境をつくるのです。
威圧的な面接官を相手に、面と向かって「話が違うから帰ります!!」なんて言える女性は少ないです。
その場をやり過ごすために、「一旦働く意思を伝えて後で断ろう。」という道を選ぶ方が多いです。

心配な点

「脅迫まがいな行為」「監禁されるのでは!?」などの、みなさんが心配されていることはまずありません。
怒って帰ったとしても、お店は何もしてきません
そんなお店は潰されて営業できませんし、女の子を一人雇うために犯罪などしませんので、ご安心ください!

きちんと対応しよう

どんなお店であっても面接をして一度はOKしたのですから、その後連絡が来たら働く意思がないことをきちんと伝えることが大切です。
よくありがちなケースは、ここで電話に出ないでバックれる事です。
『気まずい』と思う気持ちはわかります。
『また説得されても面倒』と思う気持ちもわかります。
ですが面接とは違い、しつこくされたら電話を切ればいいので気持ちは大分ラクです。

悪質なお店に多いケース

ここで注意したいのは、悪質なお店は実家の住所・本職の会社名など弱みになりそうなものを言葉巧みに聞き出そうとしてきます。
通常、実家や会社などを聞かれることはありません。
もしも聞かれた場合、そのお店では働かない事をオススメします。

一般的なお店のケース

「働きたくないな」と、なんとなく悟ってくれます。
もちろん働いてほしい場合は、あの手この手で粘って説得はしてきます。
少しでも働いてもらえる確率を上げるためのものです。
条件が良くなるパターンもあるので、少し話を聞いてみてもいいでしょう。

断りきれない時の方法まとめ

アンダーグラウンドな業界だけに、よく知らない不透明な部分があると恐い方に想像してしまうので心配ですよね。
ですが、「そんなことはない」とわかっただけでも少し心が軽くなったのでは?
万が一に備えるのであれば、通話内容を録音しておくのも一つの手ですね。
暴言などの証拠があれば警察も対応してくれますし、市の相談センターや法テラスなど、日本には相談できる機関がたくさんあります。
大切なのは、一人で悩まない事ですよ!

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です