オナクラへ面接に行ったら、デリヘルだった。

一般的な風俗には抵抗あるけど、オナクラならちょっとお小遣い稼ぎ程度にやってみたい!

そんな風に考える女の子は、近年増えているようです。

ところが、実際面接にいってみると、まさかのデリヘル系だった…

そんなことがあると、困ってしまいますよね。

実際のところ、どうなのでしょうか。

オナクラ面接と聞いていたのにデリヘル!

そんな詐欺みたいなこと、あっていいの?

内情をよく知らない初心者からしてみればそんな風にも感じてしまいますが、事実、あります。

というか、割合として約半数ものオナクラで、そのようなことはあるようです。

オナクラは単価が安い分、風俗嬢へのバックを引いたお店に入る取り分が少なくなるため、

より稼げるデリヘルなどをやって欲しいというのが店舗側の本心なのです。

とはいえ、もちろん強要される訳ではなく、基本的には勧められる程度です。

架空デリヘルへ面接を受けに行ってしまっても、ちゃんと断ることができれば問題ありません。

どんな風に勧められるの?

もちろん最初の切り口は、オナクラ面接です。

ですが話が進む中で「デリヘルの方がもっと稼げる」「内容はそこまで変わらない」といった感じで、やんわりと体験入店することを勧めてきます。

場合によっては、「オナクラの場合ある程度容姿のレベルが必要だから、君レベルじゃデリヘルしかできない」といった、

ちょっと傷つくような言い方で自信をなくさせてくる場合も。

そうした状況に巻き込まれないよう、求人応募の際はちゃんとホームページなどを事前にチェックして、優良店舗を選びましょう。

オナクラとデリヘルの違い

オナクラは、風俗の中で随一ともいえる軽い内容です。

男性のオナニーを見てあげるだけというコースもあり、まったくの素人女性でも気軽にお小遣い稼ぎがしやすいです。

一方デリヘルは、ヘルスサービスとなるので、見てるだけどころか、キスや全身リップ、フェラ、素股など、本格的な性サービスをこなすことが必要です。

どうやって断ればいいの?

自分はあくまでオナクラの面接にきた。

オナクラ以外やる気はない。

面接だけのつもりで来てるので、体験入店なんて絶対しない!

など、毅然と断ることが大事です。

あいまいな断り方だと、巧みな押しでうまく言いくるめられてしまうかもしれません、気をつけましょう。

オナクラの面接のつもりが、実際いってみるとデリヘル業者だったというケースは、少なくありません。

デリヘルのメリットなどをうまく語って、自然に体験入店を勧めてきたりします。

オナクラとデリヘルでは内容がかなり違ってくるため、面接時、さらには応募店舗を選ぶ段階から、気をつけるようにしましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

ガルコロ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です