ホテヘルで働こうと思っているのですが、メリット・デメリットを教えて下さい

ホテヘル(ホテルヘルス)は、お客さんがホテヘル店の受付に来て、その後お客さんと一緒にホテルへ、もしくは、お客さんと別々にホテルに行き、サービスをする風俗です。

さらに、お店から近いホテルでプレイを行う事が多いので、移動時間が短くなり、効率的に稼げる可能性が高いです。

ホテヘルの流れ

  1. お客さんがお店の受付に来て、嬢の写真をみて決めます。
  2. 受付が終了後、ホテルへと移動します。(この時、一緒にホテルに行くお店と、お客さんが先にホテルに行き、後から女の子が部屋を訪れるお店があります)
  3. 部屋に入ったら、プレイを開始します。(NGプレイがある場合は、先に言いましょう)
  4. プレイ終了後、お店に戻る

という流れになります。

ラブホでのプレイになりますので、基本的には清掃されていて、シャワーもある場所でサービスを行えるので、衛生的には良いですね。
最近では、レンタルルームでサービスを行う事もあるようです。

ホテヘルのメリット

時間効率が良い

ヘルス系の風俗の中では、移動時間などのロスタイムが少ない種類になります。
デリヘルでは、広めの地域を担当する事があるので、移動の時間が掛かってしまいますが、ホテヘルの場合、お店から歩いて行ける距離のホテルになります。
プレイ後、ホテルからお店に戻ってを短時間で繰り返せるという点で効率が比較的よいです。

雑費が少ない

風俗で働いていると、雑費やお茶代なんて言葉を聞いたりしますが、お店に払う経費的なものです。
もちろん、雑費を多く引かれると給料が下がってしまいます。ソープは、それなりに雑費を取られてしまいますが、給料も高くなります。
ホテヘルの場合、お客さんがラブホを借りて、そこでサービスをするため雑費が少なくてすみます。

身バレの確立が低い

風俗で働いている、働こうとしている子が一度は思う事。

知り合いや家族に風俗で働いていることがバレたらどうしよう

ホテヘルだと、身バレの可能を低くすることができるばずです。
大体のお店には、受付のお客さんが見れる場所にカメラが付いていて、お客さんの顔を映像で確認できます。

知り合いであれば、店員さんにNGを出せば、協力してくれます。

ただ、カメラがすべてのお店に付いているかと言われれば、そうでもないと思いますので、お店に聞くことをお勧めします。

盗撮が少ない

ホテヘルの場合だと、お客さんと一緒にホテルに入ったり、お客さんが先にホテルに入ることはありますが数分後には自分が到着するので、カメラを仕掛ける時間がそもそも少ないです。

さらに、ホテルから出る時も一緒に部屋から出る事が多いので、何となく監視できる所が良いですね。

ホテヘルのデメリット

本強(本番強要)客がいる

やはりラブホテルという隔離されている空間だけに本番をしたがるお客さんが後を絶ちません。
これは、ホテヘルだけではなく、本番が禁止されているヘルス系の業種であれば、本強の誘いを体験するかと思います。

その中でも箱ヘルは、本強が少ないジャンルになります。
ヘルス系では、本番は違法になりますので、絶対にやめましょう。

集団待機になりがち

お客さんが付くまでの待機方法ですが、個室待機と集団待機があります。
ホテヘルの場合だと、個室待機でない場合が多いです。

お店でプレイをする箱ヘルとは違い、お店自体を小さめに構える事が多いですね。

休憩が移動中のみになるかも

ホテヘルに人気嬢になった時や予約で埋まってしまった日、もちろん給料もかなり稼げている状態になりますが、待機所でゆっくり休めないこともあります。

お店→ホテル→お店』へ歩くのが基本になりますが、その移動時間だけが接客をしない時間になることもあるようです。

良い話のようで、悪い話かもしれませんね。

良し悪し

良い点・悪い点をいくつかご紹介致しましたが、どのジャンルにも良し悪しはあるかと思います。

それに、風俗業界に入れば、普通の仕事よりは稼げますので、自分に合ったジャンルに行くという選択肢もアリですね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です