セクキャバでハードサービスを求めるお客さんは、どうやって断ればいいですか?

風俗にはソープランド、デリヘル、ピンサロからSMクラブまでさまざまなジャンルがあります。
顧客の性的嗜好の数だけカテゴリーやお店があるといっても過言ではありませんが、それと同時に同じだけの遊ぶ人のルールが存在します。

このルールとは風俗店が守らなければならない法的なルールによる規範もさることながら、風俗嬢を守るためのものやお客さんが楽しく遊ぶための紳士協定的なルールまでさまざまです。

風俗はルールを守ってこそお客も嬢も楽しい時間を過ごせるのですが、こうしたルールを逸脱して自分本位に楽しんでやろうと試みるお客さんもいます

セクキャバは各店ルール

またセクキャバはお店や地域によってルールがかなり変わるために、利用客からも混同を招きやすい部分があります。
そのためNGとはつい知らず、お店で禁止されているプレイをしてくるお客さんがいるのもひとつあるかと思います。

そうした場面に当たった時に「やめてください」「何をするのヤメテ!」と手を払いのけて拒否するのは、嬢からしてれば当然の権利ではあるものの、無知であったり悪気がなかったお客さんの場合には、ムゲな拒絶をするとその場で空気が悪くなるばかりか、今後の指名やお店からの嬢の評価にも大きな影響がでてしまうことでしょう。

できることならば「おイタ」をするお客さんの気分を害さずにうまくお断りをしたいという人は多いはずです。

ケースごとの対処方法をピックアップ

  • 下半身へのタッチが禁止されているお店でのヒップへのタッチ

お尻に触れないお店のほうが少ない昨今ではありますが、触れてきた場合にはパシンと軽く叩いきましょう。
手を掴んで離そうとするのは勘違いしているお客には判りづらく、軽く叩いた方がNGだということがわかります

  • 下半身タッチが禁止されているお店での性器へのタッチ

ちょっと手が触れる程度なら許容範囲ではありますが、明らかに指などをねじ込んでやろうと意図しているお客の場合は、「禁止なので、もう一回やったら席たちますね」と笑顔でいうのが効果的です。
それでもやめない場合は「では~」といって時間途中でも離れてスタッフへ報告をしましょう。

  • キスマークをつけようとする、歯型をつけようとするタイプ

気付いた時には手遅れな場合もあるのですが、これは相当なレベルでしょう。
あからさまにつけようとしているなと思った場合は、「キスマークつけると罰金取られますよ」と言えばOK。
安価で遊びたい客層なので罰金まで払ってしようという人は、ほぼいません。

  • 本名やメールアドレスなどの個人情報を聞いてくる

これは簡単です。偽名と偽のメアドを用意しておきましょう。
名前を知られないための源氏名ですが、それでもしつこく聞いてくる人もいるために、予め偽名をひとつ用意しておくのが賢い方法です。
万が一、リピーターになった場合でもあらかじめ考えておいたものを使えば日によって、嘘がバレることもなくその場しのぎには、充分です。

  • 本番強要、暴力など

もうコレは論外、即スタッフを呼びましょう。

こうした対応を知っているだけで、気持ちが違ってきますので、覚えておきましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です