面接を受ける女の子が多い時期ってありますか?

風俗嬢になりたいという子は意外と多いですが、高校を卒業して風俗に一直線で就職するという例はさすがにほぼ見かけません。

風俗を始める理由は無論「お金が必要だから」というものですが、同時に「お金が必要になる時期」には風俗嬢になりたがる女の子が増えてきます。

いつ欲しくなるの?

聞くところによると風俗の面接が多い時期というのは「年末」が一番多く、ついで春先とボーナスシーズンという傾向があるようです

年末は言わずもがなクリスマスや年明けの正月連休などといったイベントのみならず、さまざまな売掛をお店や企業が必死に回収しようとする時期で、一般人にとってもっとも出費を強いられる時期になります。

予想以上の出費予定に危機感を感じた女の子が高額かつ日払い可能な仕事ということで、風俗嬢に転身するということは多いようです。

ついで多いのが春先ですが、これにはいくつかの理由があるようです。

なぜ春先?4月頃?

ひとつは専修学校や大学など親元から離れた学生さんがアルバイトとして風俗デビューするというケース

都会の学校にきたら周りが思ったよりもオシャレで、自分もそうしたいけど仕送りだけじゃとても無理!

サークル活動や旅行とかの貯蓄と学業を両立させるのは、普通のバイトでは相当働かないとムリですが、風俗ならば短時間でいいために、学校の先輩から薦められて来たなんて子もいるほどです。

また春先に多い理由としては「アパートの更新」「税金」「保険」といった、逃げることの不可能な支払いの類が春から初夏に集中しており、こうしたまとまった支払いをこなすために、風俗のアルバイトを始めるという人も少なくありません。

この他にもよく見かけるのが春先に就職した会社や仕事が自分に合わなくて退職、食べていくために風俗嬢に転身というパターンです。

五月病なんて言葉もありますが、そのまま退社→風俗というケースも結構あるみたいですね。

金銭欲から

そして最後にあげる多い時期が「ボーナスシーズン」だそうで、この時期は消費を煽るためのメーカーや小売店の販促が多く、人の物欲がもっとも刺激されやすくなります。

学生や派遣社員の場合は、ボーナスそのものが無いために貰っている人の話を聞くと、余計に羨ましく感じることから、「自分ももっとお金が欲しい」という思考につながり、その結果として風俗嬢に転身ということもあるそうです。

まとめ

いずれにせよ「お金が要る時期」という点で共通しており、世の中の景気に風俗嬢の求人も影響を受けている事がわかります。

不景気になればなるほど、風俗にいる女の子の質があがると言われています。

就職難や賃金問題に直面する若い女性が増えれば増えるほど風俗に流れてくる女の子が増え、美人率が増していくのでしょう。

上で面接が増えるタイミングを紹介しましたが、基本的には1年中風俗希望の女の子がお店にやってくるので、あまり気にせず好きなタイミングで面接を受けてください

人それぞれお金が必要になる時期って違いますからね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です