指入れされて痛い時、なんて言って断ってますか?

風俗では時として自分の意思とそぐわない行動をするお客さんに当ってしまう場合があります。

大抵はそういった場合には初めてのお客さんである場合が大半です。

ある程度のリピーターになってくるとその当りは微妙な呼吸というか、

相性があってくるのですが、最初の場合にはそう言った事はまずないものです。

指入れが下手なお客さん

特に、指入れに関してはとても大切な問題として感じる事が多々あります。

お店のオプションの場合だとお客さんは、

その分の料金を払う事になりますからどうなのかなと考えてしまいます。

反対にオプションでない場合ならば、

それは当然のプレイの中身と言う事になりますからこれも難しい所です。

しかし、痛みを感じた場合にはどうしたらよいのでしょうか。

お客さんに伝えていいもの?

結論から言えば、痛いと感じたのであればそう言うべきです。

女の子にとって大切な所なのですからキチンと言えば良いのです。

しかし、言い方には気を付けた方が良いでしょう。

ちょっと痛いと感じたのであれば、「すいません、痛いです」

と伝えると大抵のお客さんは「あっ、ごめん。強くし過ぎたかも」

と直ぐに引き下がってくれるものです。

かえって我慢しているとだんだんと強くなってきたりするものですから、

最初のちょっと痛いって感じた時に言う事です。

何事においても最初が大切なのは同じですし、お互いが仲良くプレイしていける事が、

風俗にとって大切な事だと言う事は誰もが理解してくれる筈です。

女性の体にあまり詳しくない男性もいる

もし、どうしても強い事をしてしまうお客さんに当ってしまったら、

一時中断してお店のスタッフに相談する事も必要です。

勿論、こんな事ばかりになってしまってはいけませんが、

痛みを我慢すると言う事には限界があります。

そのお客さんが女の子の身体の事をあまり知らないという場合だって有りうるのです。

特に最近では風俗以外では女の子と接触した事が無い男性というのも、

珍しい存在ではなくなってきています。

こういった男性がお店にくるとその力加減が分からないと言う事もあると言う事です。

女の子を虐めるプレイが好きなのであればそう言ったお店へ行った方が、

お互いの為でもあるのですから遠慮する必要はありません。

指入れは風俗をしている限り必ず付いて回ってくるものですから、

痛いと感じた場合は直ぐにその場で伝えて良いのです。

そうすることでそれまで知らなかった女の子の扱い方をそのお客さんも覚えられるのですから、

お互いにとってメリットのある事なのです。

遠慮しなくても良いと言う事を分かって頂けたでしょうか。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です