キャバクラの罰金制度って夜職の中でも厳しくないですか?

キャバクラは少人数で店を動かすため、厳しい罰則が設けられています。

もちろん、罰金制度の導入はグレーゾーンですので、訴えることは可能です。

しかし、当欠など他の方にご迷惑をかけてしまった場合は、解雇されても仕方がないでしょう。

罰金は普通取られない

働きたいだけ働きましょう。

で、罰金を払ってもいいくらい稼ぎましょう。

ただ、遅刻とかが相次ぐと、お店やお客さんからの信頼がなくなります。

ですので、真面目に出勤しましょう。

罰金は法律違反です。

もし取られたら弁護士に相談しましょう。

罰金を取られても、それが少額なら我慢しましょう。

下手に争うと、他の方との関係が険悪になり、退店を余儀なくされます。

もっとも、慢性的に罰金を取るお店や、始めから仲が険悪なお店は選ばない方が良いです。

セルフプロテクションを重視しましょう。

違法かもしれないので気を付けて

ある意味で、怠惰な生活が許されるのが風俗嬢です。

キャバクラも例外ではありません。

でも、本気で働いている人を見て、何も思わない事はないはずです。

違法風俗とは異なり、罰金などは一見、合法的なルールに思えます。

しかし、金銭的なペナルティはトラブルの元となるため、自粛が求められています。

罰金がないお店もありますので、そちらに通いましょう。

真面目に考えれば、真面目に働いてくれる人を採用したいのがお店の本心です。

あなたがお店のニーズにぴったりフィットしていれば、多少の迷惑行為には目をつむってもらえるかもしれません。

でも、あなたの事を見た同僚やお客様は、どう思われるでしょうか。

休むなら連絡を

1日で稼ぐ金額が数万円から数十万円になるのがキャバクラです。

そう考えると、連絡は必須でしょう。

あなたの人生のうち、何週間をお店で過ごすのかは分かりません。

人によっては数カ月以上在籍されます。

でも、お客様にとっては、その日一日が全てです。

チャンスは一度限りだと考えましょう。

連絡をする理由は、あなたのためです。

どうしてかと言えば、お店はお客様に会う女性を提供する事をモットーとしており、女性はそのニーズに応える義務があるからです。

仮にお店側の立場に立って見れば、その状況が良くお分かり頂けるでしょう。

くれぐれも、自分勝手な行動は慎みましょう。

罰金に悩み苦しんでいるなら、店を変えましょう。

あなたから罰金を取る事は、店も本意ではないでしょう。

単に「相性が悪かったんだー」と思い、自分を傍観しましょう。

そうすれば、少し気が晴れるでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です