初出勤の時に笑った?泣いた?話が聞きたいです

風俗に限った話ではありませんが、初出勤の時には泣いた話そして笑った話と言うものがたくさんあります

多くの場合は、その時は本人が最もパニックになっている状態であり、どうしようもない状態であるものなのですが、後々に思い出すとそれらは全て良い思い出であり、その頃の事をつい懐かしむ事もあるものです。

では、一体どのような事があったのでしょうか。

記憶の中にあるものを思い出していたものを紹介してみたいと思います。

体験談から(泣いた)

初出勤で泣いたのは、決して悲しいからでは無かったというお話を聞きました。

初めての風俗と言う時は、当然緊張しているものです。

それは誰もが同じ事でしょう

そして、そんな時にはどうしたらよいのかが、分からない事が起きてしまうものです。

それはある女の子が初めて風俗でお客さんに接した時の事です。

もともと、男性に対しての交際経験も少なかったらしいのですが、その時は緊張のピークに達していた事に加えて、お客さんが女の子のタイプにぴったりだった事もあり、つい嬉しくなったそうです。

そして、風俗である事を忘れていた訳ではないのですが、つい話しこんでしまったのです。

若い女の子なら良くある事ですよね。

そして、夢中になって会話を楽しんでいたら、なぜか急に携帯のコールが。

そう、話しこんでいて時間が過ぎてしまっていたのです。

女の子としては、どうしたらよいのか分からなくてパニックになってしまいました

すると、お客さんがさっと電話を取り、楽しくてつい話しこんでしまった。

これは僕のせいだ。と言ってくれたのです。

さらに、彼女のこの先の予定が入っていないのなら延長したいと。これには感激のあまり泣いたと言います。

笑った話

又、笑ったという話では初出勤の時に、とても大きな間違いもしてしまったらしいのです。

それは、デリヘルでの事。

初めての仕事で緊張していたせいか、送迎ドライバーの車を降りてオーダーをうけたワンルームマンションのドアチャイムを鳴らし部屋へと入りました。

そして、ちょっと話をした後に、いざプレイを始めようかと思ったのですが、持ち物が無いのです。

何もかも全てが。

慌てて送迎ドライバーに電話をしようとしたのですが、携帯も無し。

これは困ったとパニックになっった瞬間、玄関のチャイムが鳴ったのだそうです。

そのチャイムの主は送迎のドライバー。

女の子を降ろしてから、ふと後ろを見ると荷物が全部あったので、これは大変と届けてくれたのです。

デリヘル嬢で有りながらこんな失敗をしてしまうなんてと、女の子・お客さん・ドライバーの三人で思わず笑ったのだそうです。
こんな素敵な初出勤の経験、してみたいですよね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です