効率良く稼げる風俗の種類って何ですか?

稼げる風俗・バック率のいい、稼がせてくれるお店について教えちゃいます。

まず、「効率よくいっぱいお金を稼ぐ」風俗をやる理由ってコレに限りますよね。
風俗とひとことでいってもその内訳はデリヘル・ソープ・ピンサロ…etcと種類がいっぱいですよね。

そして、これらのお店でどのジャンルのお店が効率よく稼げる、つまりバック率が良いのかは初めて風俗に飛びこむ女の子は知らなくて当然ですよね。

ただ無知なばかりに面接でお店の都合に言いくるめられ、知らないまま、安い給料で働いちゃう子とか聞くと結構いるんですよね。
これじゃ、体を張ってまで風俗で働く意味がなくなっちゃう!
そのためにも「風俗と給料」のチョットした知識を働く前に持っておきましょう。

風俗の給料は歩合制と時給のふたつ

結構な体力を使うソープやデリヘル・SMクラブは基本的に歩合制になっています。
ピンサロやオナクラ、性感マッサージといった男性との接触が先の業種に比べると少ない風俗は時給制のところが多いですね。

どちらが稼げるかと言えばやはり歩合制の前者になりまして、1件当たりの単価もソープなどは大きいのでガッツリ稼ぎたい人にはオススメです。

バック率とは?

歩合制の風俗で女の子が貰える金額の割合をバック率と言いますが、デリヘルやソープの場合は50~70%前後というところが多いでしょう。
この他にも指名料やデリヘルの場合などは交通費やコスプレなどのオプションプレイ代が追加される場合もあります。

半分しか貰えないの?」と思うかもしれませんが、お店の取り分はスタッフの人件費、事務所の家賃、ホームページや雑誌の広告費などのお店の必要経費に充てられています。
もちろんこうしたバック率は女の子の人気や頑張りで左右されることもあります。

デリヘルでは指名料やオプションプレイの費用を女の子に100%支給するお店も少なくありません
例外としてコスプレのオプションなどは衣装を毎度洗濯しなくていけないので経費を引いた金額の支給になることもあります。

都心と地方

お店のバック率は地方性も少々あり、お店同士の競争が激しくルックスのいい女の子の確保に躍起な都市部などでは比較的高くなっています。
逆にそれほど競争がなくお店ものんびりしている地方ではバック率が40%前後という事もあり一攫千金を狙うならば都会の方が確実です。

もう一つ給料について注意するならば、給料から諸経費が差し引かれることがあります。
デリヘルではローションやローター、ソープランドになるとローション・タオル・シーツやガウンのリネン代などが経費として差し引かれる場合もあります。
この消耗品経費や税金の扱いに関してはお店ごとにマチマチなので、面接のときに聞いておくと良いかもしれません。

まとめ

経費が天引きされてもバック率そのものや単価が大きければ稼げますし、逆にバック率が低いのにアレやコレやと経費で引かれては手元に残るものが寂しくなりますよね。
風俗ではほとんどのお店が給料が日払いなので、初日に勤めたお店の体系はすぐわかるのではないかと思います。

給料の体系がいいお店ほど女子自体も大切に扱ってくれるお店が多いので、効率よく稼げるだけではなく長く勤められるのも特徴です。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です