早番と遅番でどっちが稼げるとか違いはありますか?

早番と遅番でどっちのほうが稼げるか。
その違いについて説明する前にひとつ言っておきますが、それは「お店によって違う」ものです。
というよりは、お店の種類によってかなり違ってきますね。

営業時間の違い?

例えば、デリヘルだと時間帯は全く関係ありません。
どの時間に入ろうが同じこと。
それはお店に行かなくてもいいという形態になっているため、仕事終わりでも帰ってからでも出張先でちょっと遊ぶにしても気軽に使えるということに由来しています。
ありとあらゆるタイミングで「ちょっと呼ぶか」というノリで呼べますからね。
自宅でも近くのホテルでも、出張先で宿泊しているホテルでも。
いろんなとき、場所で利用することができるので、遅番とか早番とかは関係ないです。

セクキャバの場合は、「早番」「遅番」という概念自体あまり無いので、関係ないですね。
始まるのが遅いお店がほとんどですから、早くても遅くても時間帯はほとんど同じ。
強いて言うなら、最初から店内にいるほうがほんの少し早く稼げるかなあというくらいです。
オープンする時間帯が、ちょうど「一軒飲み終えて何か別のお店を探している」頃合なお店が多いので、お客さんを引き込みやすいんですよね。

アイドルタイム,ピークタイム

最も「風俗」という感じがするであろう店舗型ヘルス。
店舗型ヘルスのなかには、日の出から0時まで営業しているというお店も結構ありますよね。
そういう日の出とか「朝10時」とか早い時間から営業しているお店だと、どちらでも多く稼ぐことができますが、夕方から営業しているお店だと早番のほうが稼ぐことができますよ
店舗型ヘルスが忙しくなるのは、平日ならお昼と仕事終わりの時間帯、土日ならあまり関係ありません。
金曜日だと夜のほうが忙しくなるということがありますが、ほとんどの場合はお昼と夕方がピークです。
なので、日の出の時間、朝早い時間から営業しているお店は早番なら「お昼」、遅番なら「夕方」に入っていることになるので、どちらも稼げるというわけです。
夕方から深夜遅くまで営業しているお店は、早いほうが、ちょうどピークの時間帯の開店になるので稼げます。

お店のピークタイムを見極める

要はそのお店のピークである時間帯に入ることができるかによって稼ぎは変わってくるということです。
もしもどこかの風俗店で働くという場合、入ることになるお店のピークがいつかは、店長やマネージャーに確認してみてもいいですし、体験入店のときに観察してみてもいいですね。

店舗型ヘルスならお昼と夕方、セクキャバならオープンしてすぐ、デリヘルならあまり波はないという傾向ではあるので、参考にしてみてください。
ただし、これは経験則なので本当にどこの店舗でもそのとおりなのかはわかりません。

より多く稼ごうと思ったらそのお店のピークの時間帯に入ったほうがいいのは言うまでもなく、紛れもない事実。
ただし、風俗業界の人や風俗をよく利用するなら誰でも知っているような有名店で女の子の数が多いというお店は、ピークの時間帯に女の子が集中してしまうので、人気でもない限り「逆に稼げなくなる」という傾向があるので、それも注意しておきましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です