風俗嬢だけど、お客さんが同伴したいって。どうすればいいの?

キャバクラであれば、同伴したいと誘われることもありますが、意外なことに風俗でも言われてしまう場合があります。
お客さんは、好きなキャストを独り占めにしたいと考えますが、風俗とキャバクラでは同伴後の目的が異なります。
風俗嬢が同伴に誘われたら、どのように対応するかを見てみましょう。

NGならNGだと伝えておくこと

同伴をすることによって、その人と一緒にいる時間帯はかなり多くなります。
一見すると、食事をご馳走してもらったり、色々なものを買ってくれたりと、メリットは多いように思われますが、逆に言えば自由な時間を確保することが難しくなります
仕事としての付き合いだけにしたいなら、NGを伝えておくことも大切です
同伴は認めていないようなお店だったり、自分がちょっと厳しい人だなと思っているなら、NGを出して同伴については断ってください。
まだ足りないと相手の方は感じてくれるので、一旦は諦めてくれるはずです。
それでも断れないような状態であれば、店側の都合でできないという話をしておけば、納得してくれることもあります。

いいと思っている人なら同伴を認める

自分がいいと思っている人であれば、同伴を認める方法もあります。
同伴をする場合は、店側が認めているかどうかを確認して、追加料金が発生することがあれば、そのことも伝えておくことになります。
そして、必ず自分を指名してもらって、その後のお金もしっかり使ってもらえるように、色々な説明をすることです。
自分がいいと思っている人だけ、そのようなサービスがあることを伝えておけば、とりあえず問題が起きることはありません。
逆に言えば、悪い人に伝えてしまうと、悪用されてしまう可能性もありますので、自分でその人の良さを感じて、本当に大丈夫だと思っている人だけを対象に考えていくといいです。

同伴のときはねだること

どうしても同伴を認めて欲しいと言われてしまった場合は、同伴で色々なものをねだって、それを約束してくれなければ意味がありません。
食事をご馳走してくれるのに、割り勘で支払ってくれといわれたら、それは嫌な気持ちを持ってしまいます。
折角のことですから、絶対に何でもやってくれることを約束するのです
こうして、約束をしっかり守ってくれるようなら、同伴を認めておくといいです。
自分にとってもプラスになりますし、相手の人は意中の女性と一緒にいられるのでいいかもしれません。
守らないようなら、早々に同伴をNGとした方が安心できます。

店外デートまとめ

風俗の世界は同伴を誘われるよりもプレイ後に店外デートの誘いをうける方が多いと思います。
それに、同伴というと待ち合わせ型デリヘルのようなイメージをされがちですが、出勤前にデートしてからプレイをしたいと思う男性もいます。
どちらもお客さんから誘ってくるので、「YES or NO」の返事をしなければいけません。
風俗店に「同伴」オプションがあれば、給料アップにつながり、指名もついてくるので嬉しいかぎりです。
しかし、お店によってはプレイ時間のみのバックになってしまうこともあります。
基本的には、断るのが良いのかもしれません。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です