鬼出勤しなきゃいけない時ってどう思う?

鬼出勤というとどんなイメージを持たれるでしょうか。
まるで鬼のように出勤をしている嬢と言う事でしょうから、ほぼ間違いなく出勤し続けている状態だといってよいでしょう。
週の内で5日以上かつ、一日の勤務が6時間を超えると所謂、鬼出勤の状態といえるのではないかと考えます。
しかし、この鬼出勤と言う状態は悪い事なのでしょうか?
当然ですが、それを行っているのにはそれなりの理由があります。
その理由から考えていくと鬼とまで呼ばれる事が適切であるか否かの判断がしやすくなってくるのではないかと思うのです。

昼職と比べてみると?

先に述べた週の内で5日以上かつ、一日の勤務が6時間を超えるというのは、当然この一週だけでなく、その前後も同じような状態が続いている場合を考えています。
しかし、よくよく考えてみると、このお仕事体制だと一般の会社よりもまだ時間が少なくなってしまいます。
確かに一般事務と風俗を同じように考えてはいけないもかも知れませんが、それでも過酷と考える労働時間では無いように感じられます。
それでは、なぜ風俗では特にこういったものが取り上げられやすいのかという点です。
それは、風俗の性質にもあったと言えるでしょう。

風俗一本なのか、副業なのか

風俗産業においては、この言い方が正しいかどうかは別としても専業と副業に分かれるでしょう。
そして、全体的に見た場合は、副業としての形態をとっている嬢が圧倒的に多いようです。
ですから、専業的な時間で仕事をしていて、それが鬼と評されてしまうのかもしれません。
しかし、それはそれで致し方の無い事です。
風俗でもその目的と理由によって勤務形態が違ってくるのは当り前でもあります。
ですから、大切な事は人がどうのこうのと言うのではなく、自分がどうしたいのかと言う事をしっかりと考えなければなりません
あくまでもお仕事として行っていくのですからね。

鬼出勤する時の考え方

さて、話の最初の方に戻して見ますが、鬼出勤という言葉のイメージがあるので、良くない事のように感じられますが、これは考え方をかえると真面目という事でもあります。
ですから、言葉のイメージにとらわれてついついの事を考えるのではなく、いつも自分の生活があった上でその物事を判断しているようにすれば、どんな表現で呼ばれようが気にもならないし影響だって受けないのです。
風俗に限る事ではありませんが、人の考え方や判断は参考にしても、自分のそれとは決して交わらせないようにするべきものです。
そうしないと折角決めたこれからの目標も見誤ってしまうかもしれません。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です