妄想スイッチ(イメクラのプレイに集中)の入ってるお客さんの時ってどうしてる?

妄想世界に入り込んで楽しんでもらうイメクラですが、お客さんの妄想スイッチが完全にオン状態となってしまうと、働く女性としてはちょっと抵抗も感じてしまうもの。 そんなとき、イメクラ嬢はどうやって対処するのでしょうか。 効果的な対策例を、ご紹介したいと思います。

客の妄想スイッチがオンになると

基本的に、オンになってもらうことはイメクラ嬢として大歓迎といったところ。 何なら、そうなりたくてお客さんはやってくるわけですから、むしろ気に入ってくれて、次回もまた指名してくれるかもしれません。 ですが、あまりに振り切れ過ぎた客に関しては、ちょっと大変に感じるケースも。 例えば、こちらが嫌がっているにもかかわらず、無理やり度の過ぎたエッチなことをしてきたり、ルールを忘れて本番強要してきたり、また理性が飛び過ぎていて、生理的に気持ち悪く感じたりする場合などです。 こうなると、もうこちらの制止も聞き入れてくれません。 効果的な対処法で、乗り切りましょう。

どうやって対処してるの?

イメクラでは、コスプレや部屋の雰囲気でシチュエーションを楽しんでもらいますが、基本的にはヘルスサービスです。 一連の絡みが済んだら、あとはファッションヘルス同様、キス・全身リップ・フェラチオ・素股といった流れでフィニッシュへといざないます。 妄想に入り込んでいる人も、イかせさえすればひとまず冷静さを取り戻してくれることが多いです。 そのため、ちょっとしつこくても、少し強引に抜きまで持っていくと満足してもらいやすいです。 また、イメクラプレイで重要となる演技力を、あえて抑えることも一つの手です。 それまでのなりきり感を少しだけ控えめにして、お客さんの温度感を冷ますとよいでしょう。

抵抗を感じないためには

妄想スイッチが入ってしまうお客さんでも、基本的には問題ないので、自分の側が心構えを工夫してみるというのも効果的な方法。 自分も妄想スイッチをオンして一緒に楽しんだり、むしろ乗ってくれていてやりやすい客だとプラスに感じてみたり、可愛らしいなあと、少し上から目線で接してみるなどすると、比較的楽になるかも。 もちろん、盛り上がりすぎてルールの範疇を無視したプレイ強要などはNGですが、身の危険に繋がらない程度なら、こうした対処法も役立ちます。 早くフィニッシュまで持っていったり、あえて演技の手を抜いて熱を冷ましてあげれば、スイッチに入りすぎた客も相手しやすくなります。 ですが基本的に、妄想スイッチオン状態はイメクラ嬢として大歓迎の状態。 見方を変えてうまく接していけば、指名客増加に繋がるチャンスともなるので、一概に拒まず、上手に対応してみることもおすすめです。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です