サングラスをしている風俗嬢が多いのはなんで?

風俗嬢と言ったら普段あまり見かけないものだと思われるかもしれませんが、意外とその辺りに歩いていると言われています。

実は、あなたの身近なところにも風俗嬢がいるのです。

まずは風俗嬢の割合がどのくらいなのかというところから見てみましょう。

風俗嬢の割合

実際、日本人の風俗嬢の割合と言ったら、その人数が32万人から39万人だと言われています。

そして、20歳から34歳までの人口が1000万人程度ですから、

約30人1人は風俗嬢という計算が成り立ちます。

ですから、小学校のクラスのうち1人は風俗嬢になるかもしれないという考え方もできるわけです。

では、風俗嬢である可能性というのはどのような場合なのでしょう。

サングラスをしている

風俗嬢は、サングラスをしていることが多いです。

サングラスは昼間にするのは自然な話ですが、夜中でもサングラスをしているという女の子を見かけるときはないでしょうか。

そういった場合、その子は高確率で風俗嬢だと思ってもいいでしょう。

というのも、規制が緩い風俗店の場合は、化粧をしないですっぴんで風俗店に来て、仕事前に化粧という流れを行います。

ですから、仕事が終わって外にいる間は化粧をしていないということなのです。

いつでもミニスカを穿いている

風俗店でも、待ち合わせ型の店舗になると、スカートを穿くことが義務付けられているところがあります。

更に、色気重視ということでミニスカの場合が多いのです。

冬の寒い時期であっても、肌の露出を重視した格好をしている場合は、風俗嬢の可能性が高くなるのです。

例えば、ミニスカ、サングラスという女の子を見つけたら、ほぼ風俗嬢と思ってもいいでしょう。

どんな時でも色気を出さないといけないというのは大変な話ですね。

やたらメイクが早い

風俗嬢は、お客さんの相手をするたびにメイク直しをします。

当然激しくメイクが落ちていたとしても、

次のお客さんのときにはしっかりメイクをし直さなくてはなりません

メイクは時間がかかるものですが、思ったよりもかからないとなった場合は

風俗嬢かもと思った方がいいかもしれません。

風俗嬢として働いている女の子は、これらの点を意識した方がいいかもしれません。

もしもこれらに当てはまるような光景を見られた時、もしかしたら風俗嬢だと思われているかもしれません。

あまり周りに知られたくない場合、働き始めならまだしも、

慣れてきた頃にこうしたところに気を付けてみるといいでしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です