デリヘルの営業時間にラストってあるけど、決まってないってこと?

デリヘル店の営業時間には、ラストと表記されているケースがあります。
なぜ、明確に時間を示さないのか?
正直、無店舗型風俗店は24時以降の営業も可能ですし、時間に規制がないのも事実です。
なので、営業時間がラストとなっているデリヘル店は、終了時刻に決まりがないと認識しておきましょう。
風俗嬢としては、24時以降に出勤をして稼げるのかも気になるところですね。
デリヘルの営業時間に関することと、稼げるかについて見ていきましょう。

デリヘルの営業時間について

デリヘルの営業時間は店舗型風俗店とは異なり、24時以降の営業も可能となっています。
この事実を知らなかったという方もいるでしょう。
デリヘルは無店舗型の風俗店になるので、風営法で営業時間の規制がありません
しかし、店舗型風俗店は規制があります。

※参考記事 箱ヘル・店舗型ヘルスとデリヘルの違いは?それぞれのメリットを分析

営業時間にも大きく関係していて、ラストと表記されているお店は、その時々の状況によって閉店時間を決めます。
お客さんの利用が期待できないときには、早めに営業を終了しています。

幅広い時間帯で働けるメリット

デリヘルは営業時間が店舗型のお店とは異なり、24時間営業をしているお店もあります。
完全自由出勤といって、好きな時間帯に働けるメリットがあるので、働ける時間が限定されている女性には人気です。
副業としてデリヘルで働きたい女性の中には、本業の勤務時間が不規則な場合もあります。
しかし、ダブルワークだったとしてもデリヘルなら希望する時間で働けるお店も多いです。
繁華街を中心に営業しているデリヘルは24時間営業が多いので、狙い目でしょう。

24時以降が狙い目になるケース

飲み屋の閉店や終電を逃した男性客は、遊び足りない気持ちをデリヘルで発散させます。
なので、24時以降がチャンスになるのは間違いありません。
ただし、デリヘル店のエリアを考えて風俗店を選ばなければ、夜中の出勤も意味がなくなります。
歓楽街に近い場所に待機所があれば夜中でも客足が多く稼げることが予測されます。
しかし、1~2時間圏内までデリバリ可能という広範囲をカバーしているお店だと、移動時間がリスクとなるでしょう。

大型連休は24時以降にも多数の利用者が見込めるので、しっかり稼ぐことができます。
飲みに出かける可能性も高いですし、店舗型風俗店は24時に営業を終了するのが一つのポイントです。

デリヘルの営業

風俗業は夜の仕事と言われているので、外が明るい時間帯よりも暗くなった方が稼げる確率は高いです。
お客さんも日が暮れると性的欲求が沸くのでしょう。
営業時間が「~last」となっているデリヘル店は、昼間に学校がある学生にもおすすめです。
風俗でバイトをするなら昼間の行動範囲内では避けたいと思うのが当たり前ですので、バイト先までの移動時間を考えると長く営業しているお店が良いですからね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です