全国にソープ街があるけど、エリアによって風俗嬢の特徴ってありますか?

風俗の王道といったら、なんといってもソープランドではないでしょうか。

ヘルス、ピンサロなど新しいジャンルも登場してきてはいますが、やはり昔から続く伝統的な業種はソープなのです。

ソープに関しては非常に地域性が高いという特徴があり、ある意味では全国どこでも同じようなサービスを受けることのできるデリヘルと対照的であるといえます。

では、それぞれの地域ごとにソープで働く女の子がどんな特徴があるのかということを解説していきましょう。

有名どころ

  • 日本最大のソープ街であり、歴史も古い東京の吉原

ここは江戸時代から遊郭が栄えている場所であり、そのとき以来の屋号を使用して営業しているというようなお店もあります。

吉原のソープ、そしてそこで働く女の子の特徴は、なんといってもベテランが多いということです。

吉原年齢という言葉もあるくらいで、普通の風俗の年齢のサバ読みどころではないくらいに年齢が実年齢と異なっているのです。

吉原で働くのに向いているのは、いろいろなお店を経験したりしてスキルをつんだベテランの女性だということがいえるのではないでしょうか。

  • 九州の熊本

ここは若い女の子で容姿端麗な人が多数在籍している伝説的なソープランドが有名で、全国でも屈指のレベルの高さだといわれています。

有名人やスポーツ選手などがおしのびで訪れるとまで言われており、中にはここでソープ遊びをするためだけに熊本に来るという人もいるくらいです。

こうした熊本のソープで働くのに向いているのは、若くて向上心にあふれている女の子ではないでしょうか。

求められるレベルも高いのですが、それに見合うだけの高収入を得ることができますので、夏休みなどの長期休暇を利用して、短期で熊本に来てバイトをするという女の子もいるようです。

  • 温泉街としても名高い、滋賀県の雄琴

ここは昔から東海道の宿場町として栄えた温泉街で、江戸時代から遊郭などが存在していました。

そういった意味では吉原と似ているかもしれませんが、吉原が江戸近郊に住んでいる住民を主に相手としていたのに対して、雄琴の場合は旅行などで東海道を旅する人々を対象としてきました。

なので、いろいろな地方の人が行きかい、また働く女の子もいろいろな地方の人が多かったようです。

今でもその気風は引き継がれているようで、日本の真ん中にあるという地理的特性もあってか、日本全国いろんなところから女の子が集まっているようです。

なので、地方出身者の女の子でもすぐになじむことができるでしょう。

そういう女の子の場合は雄琴で働くという選択肢もおすすめのひとつです。

まとめ

他にもソープ街はたくさんありますが、代表的な場所をご紹介致しました。

一口にソープといってもその特徴や、働いている女の子それぞれの特徴というものはまったく様々なんですね。

自分自身の性格、特徴、働くための事情などを考慮して、どこで働くべきか、ということを考えたほうが良いでしょう。

いずれにせよソープは長い歴史があるのでシステムもしっかりしています。

最初だからこそソープという判断も十分にありだと思いますよ。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です