営業メールたくさんする風俗嬢は、多いのかな?

風俗で働こうとする女の子にとって、営業メールをする必要があるのか、ということは非常に重要な疑問ではないでしょうか。

仕事で入っている以外の時間で営業メールを打たなければならないということは、実質的な拘束時間が延びてしまうということになりますし、それにお客さんとのメールに気を使わなければならないというのは真理的に負担になってしまうことも多いと思います。

キャバクラなどで働いている女の子は、かなりの数の女の子が営業メールを駆使して仕事をして、集客やリピートのためにがんばっています。

それでは、風俗嬢はどうなのでしょうか。

風俗とキャバは違う

結論から言いますと、風俗嬢の場合はキャバクラで働く女の子ほど営業メールをする必要はないと思います。

そもそもキャバクラの場合は接客、つまりコミュニケーションが売りなので、お客さんとしてもそれを求めてきますし、女の子としてもそれに見合った仕事をしなければなりません。

そのため、お店に来てくれている時間のほかにも営業メールをしたり、営業電話をするということが必要になってくるのです。

しかし、風俗の場合はお客さんもそうしたコミュニケーションというものをそれほど求めていないということがあります。

そのため、サービスをしている時間内の接客をしっかりやれば、自然とお客さんも増えていくため、過度な営業メールは不要になってくるのです。

もちろん風俗で働いている女の子でも営業メールを使っている女の子もいますし、ブログなどでアピールをがんばっている女の子もいます。

たしかにそういう女の子は集客にたけていると思いますが、お客さんをひきつける方法はそれだけではありません。

自分自身が続けやすい方法、自分自身に負担がかからない方法で、うまい働き方を模索していくことが大切です。

お客さんを逃がさない方法って?

では、風俗で働く上でお客さんをつかんで話さないテクニックとは一体何なのでしょうか。

それは、営業メールばかり送りつけることでもなければ、写メブログなどに過激な画像をあげ続けることでもありません

それは、きてもらっている時間の間、お客さんに本当にリラックスしてもらえる環境を作って、心をこめて接客をするということです。

風俗に来るお客さんというのは、大体が日常に疲れている人たちなのです。

そういう人たちに、過度に営業メールをおくりつけたら、そのお客さんは一体どう思うでしょうか。

最初のうちは楽しいかもしれませんが、やがて女の子も、お客さんも疲れてきてしまうでしょう。

そうなったら、長くお客さんといい関係を築き上げることはできませんよね。

お互いに自然体になれるような関係のほうが、お客さんにとってもリラックスできて、またこの女の子遊びたいな、と思ってもらえるのです。

そうすれば、結果として本指名のお客さんがお客さんの大多数を占めるようになって、自分自身が働く上でも楽に仕事できるようになりますよ。

みなさんも自分自身が輝ける仕事をしましょうね。

営業メールを熱心にたくさん送る女の子はあまりいないのかもしれません。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です