性格が悪い子はキャバクラに向いてるらしいけど、ホント?

性格悪いねー」とよく友達などに冗談まじりで言われる人・・・キャバクラに向いています
いきなり失礼だなと思われそうですが、キッパリ言いますね。
性格が悪い子はキャバクラに向いているんですよ。

逆に性格が良い子って、キャバクラには向いていないんです。
だからそういう性格が良い子というのは次第にやめてしまって、残るのは性格が悪い子たち。
キャバクラが性格悪い女の子が多いと言われている原因ですね。

何故向いているの?

どうして性格悪い子がキャバクラに向いているのかというと、キャバクラって「好き」と本気のように言えなければいけないからなんです。
本気のようにであって、本気ではありません。
嘘だけど相手がついつい本気にしてしまうような「好き」をポンポン言えるような人でないとキャバクラはできない。
風俗はお客さんは抜きにきますが、キャバクラは擬似恋愛を楽しむための場所です。

お客さんはお酒を飲むことが目的でくるんじゃないんですよ。
最初は「二軒目」「上司の付き合い」とかの理由でお酒を飲みに来ます。
でも、その後は違うんですよ。
「あの子かわいいなあ」と思ってついトキメキを覚えてしまった女の子に会いに来る
お客さんがトキメキを覚えてついつい恋愛感情を持ってしまうような思わせぶりな接客をしなくてはいけないんです。

そうして徐々にきてもらううちに「本当に好きになってしまった」ように見せかける。
メールアドレスを交換して、営業メールを送ってアフターに付き合ってもらったり、同伴出勤してもらったり・・・。
こういった色恋を利用した営業をするのは、性格が悪くないとできませんよね
真面目な子や性格が良い子なんかは、「お客さんを騙すようで気がひける」「本当に好きな人以外に軽々しく好きと言いたくない」と、自分や他人に嘘がつけなかったりして、向いてないんです。

性格が悪いだけじゃダメ

自分の仕事のためにお客さんの恋愛感情を利用しても何も思わないという人が、キャバクラでどんどんのし上がっていきます。
それでいて嘘がうまい、演技がうまいという人ですね。
要は男性のいうところの「あざとい」人が向いています。
「かわいい」人は残念ながら向いていません。

もちろん、お客さんに対して誠実に向き合ってお客さんに好かれていく人はいます。
あまり一回一回お金を落としてはもらえないけど、長く通ってもらって少しずつ稼ぐ人はいる
でも、そういう働き方ってお店側からしたら「嫌な働き方」なんですよ。
お店はもっと太い客を呼んで、たくさんお酒を注文して欲しいわけです。延長料金もとりたい。

だから、お店側は「気に食わない」と思い、どんどんプレッシャーを与えてきます
「もっと営業メールしなよ」「ボトルじゃんじゃん入れさせないと」「あざといこと言って引き止めればいいんだよ」と、語気が荒くなるんです。
そうして、こつこつと誠実に稼いでいた人もやめてしまう。
耐えられなくなってやめてしまい、行き着く果ては風俗店だったりします

色々な人がいる

そうして風俗では人気になる人もいる。
ここで何かが壊れてしまってどんどん性格が悪くなり、成り上がったキャバ嬢もいます。人それぞれですね。
ただ、向いている向いていないでいえば、性格悪い子のほうがやっぱり向いているんです。
あまり苦労しなくてもある程度稼げるようになりますからね。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です