AV女優は、どれくらい稼いでますか?

AV女優、セクシー女優のギャラは所属プロダクションによってまちまちですが、基本的に本数単位で出演料として支払われます。
一番気になるのは当然「出演料はいくらなの?」というところでしょう。
契約により異なる部分も含めて解説しましょう。

  • AV業界で1本の出演料が一番高いのが『単体女優』

メーカーと専属契約を結んでいる(メーカーのAVにしか出ない)女性で、ギャラに開きはあるが、1本80万円~200万円が相場です。

  • 次に高いのが『キカタン女優』

元単体女優や人気のある企画女優の総称
こちらが1本20万~50万が相場です。

  • もっとも安いのが『企画女優』

フェチ系・自分が主演ではないものが多いです。

AV女優ではありますが、1本3~10万が相場です。

AVとはいえ、芸能界

テレビでお笑い芸人が「事務所の給料が3万円で、あとはアルバイトで生計を立てている」なんて耳にしますが、AV業界も稼げない人は同じです。
現在、AV女優の人数は多いため、出演すること自体が大変なのです。
1月に1本しか作品に出演できないことも十分にあり得ます。
売れるまでは本当に厳しい世界です。
決して、楽をして稼げるなんて甘い業界ではありません。

単体女優が一番稼げるの?

1本の単価でみると、単体女優が一番稼げるのは明白ですが、実際の月収・年収で考えると稼げているのはキカタン女優です。
単体女優は事務所専属なので、撮影が月に1本、ごく稀に2本です。
平均出演料の140万で考えても、月140万、稀に280万になります。
比べて、事務所の縛りがないAV女優は、平均の30万で月に多数のプロダクションから20本出演することも可能です。
月収にして600万、サラリーマンの年収を稼げるわけです。

将来が不安

最近では、AV出演を引退したとしても仕事が舞い込んでくることも多いです。
AV女優として人気を得た女の子はテレビタレントとして働く道もあります。
セクシー女優と呼ばれ、バラエティやCMに起用されるケースも珍しくありませんし、少しエッチなシーンのあるドラマやシネマではよく見かけるようになりました。
タレントになるためにAV女優を踏み台にするパターンもあります。
AV業界の競争率は年々上がっていて、稼げる人は一握りと言われています。
それほどまでに厳しい世界だと、頭に置いておきましょう。
単純にお金が欲しいのならば、近くの風俗店でたくさん働いた方が稼げる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?
少しAV業界の夢を壊してしまったかもしれません。
しかし、AV業界も風俗業界と同じで努力なしでやっていくには厳しい世界です。
体力的にも辛い肉体労働と言えます。
目指すからには成功していただきたいので、あえて厳しい現実を記事にしました。
お笑い芸人がドラマに出たり、セクシー女優が映画に出たり、AV女優がCMに出たり、メディアの垣根がなくなりつつある昨今です。
成功するには、大いなる努力が必要でしょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

また、スカウト機能がない応募タイプの高収入求人サイトもあります。

みっけ

高収入ドットコム

早速、登録してみましょう。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です