いつも財布にどれくらいの現金を入れてますか?

お財布の中身というものはどうしても気になるものです。

特に他人のお財布の中身には興味を示すのは誰でも同じであると言えるでしょう。

さて、一般的にはいったいどれくらいのお金を持ち歩いているものなのでしょうか。

勿論、クレジットカードで使える金額などは全く除外してどれほどの現金を持ち歩いているのかという話です。

昔とは違う?

あまり多く持っているとよけいな心配をしてしまうものですが、手持ちが少ないとどうしても心細くなったりもするものです。

こうして考えていくと一体いくら位が妥当な金額なのだろうと考えてしまいます。

現在ではコンビニでもATMがあり24時間使えますから、そう言った事はあまり心配しないでよいのだという方もおられますが、

いざ支払の時に現金が足りないなどと言う事態はやはり避けたいものです。

そうなるとやはり皆はどれくらいの現金を持ち歩いているのかが気になってしまうものです。

風俗以外の人はどうなのだろう。

これは一般的な話ですが、かつてサラリーマンとしてはいくら位の現金を持って歩いていると、

もしもの場合に恥をかかなくて済むかと言う記事を読んだ事があります。

なるほどと思ったのですが、自分の年齢×1,000円以上を持ち歩けという内容でした。

つまり、大卒の新入社員なら22,000円です。

35才を過ぎて係長くらいの人なら35,000円、40才で課長くらいなら40,000円です。

50才で部長と呼ばれるくらいなら50,000円は持っていろという意味で書かれていました。

つまり、若いうちはもしもの時のタクシー代と宿泊代で足りるけれども、係長なら昼食位はいつでも奢れるように。

そして、課長なら急な取引先の夕食接待でも大丈夫なように。

部長以上は緊急な出張でも行けるくらいの金額が目安だと、感じたものです。

これが正しいのかどうかはわかりませんが、得てして良いラインを突いていると思います。

風俗で働く人の目安は?

風俗ではこんな感覚はあまり現実差が無いように感じられるかも知れませんが、

やはりもしもの時と言う事を考えると30,000円くらいは常にお財布の中に入っていると安心できると思います。

当然、その人によって価値観の違うものですから、全てが同じ基準で考えるものとは思いませんが、ひとつの目安として考えると妥当ではないでしょうか。

勿論、その時のTPOに合わせて金額も変わります。

旅行に行こうとしている時と近所のコンビニへ行く時では全く条件が違っているのですから、

その辺りはその人が今から何をしようとしているのかによっても変わってくるでしょう。

しかし、紛失と言う事もあり得ないと言う訳ではありませんから、その当りは注意してください。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です