3PプレイをNGにしてる子って多いですか?

3P願望のある男性は多いですが、風俗嬢は逆の考えが多いようです。
この記事はなぜ3Pが不人気なのかと、3Pを行う事によって学べること
を分かりやすくまとめてあります。

日常で3Pプレイを頻繁にしている人は周りにいないはずです。
風俗の世界ではお金さえあれば毎日でも3Pプレイできます。

普通の風俗プレイは男性と女性が触れ合うものですが、3Pは女の子同士の接触があることが理由で拒む女性が多いというのも事実です。

■まずは3Pプレイの内容を教えて。

男性客1名に対して女性が2名つきます。
女性二人から性的サービスを受けるのは、風俗業界の中でも最高の贅沢プレイとなり、
料金も高額になります。

3Pの基本プレイは1名の女性が上半身を担当となり、キス、耳舐め、乳首責めを行います。
もう一人の女性は下半身部分のフェラ、玉舐め、アナル舐めを行います。

最後は正常位、バック、騎乗位の素股やフェラ、手コキで射精まで導きます。

代表的な3Pプレイは男性のペニスを女性二人で舐める「ダブルフェラチオ」「ダブル乳首舐め」です。
こちらはエロDVDでしか見る事の出来ない男性憧れのプレイとなります。

女の子同士の触れ合いを求めていない子が多い!

風俗の仕事は、極力他人と関わらない環境に惹かれている方が多いのも事実です。
キャバクラ、クラブ、ガールズバーのような、女の子同士のやり取りがあると、いざこざが生まれたり、面倒な関係に巻き込まれたりという悩みを抱く可能性があります。
個別で接客を行う風俗店は他の女性と交わる事が無いのですし、風俗嬢は一人で働きたいのです。

3PプレイをNGにしている子は多い!

風俗店のサービスで3Pプレイをアピールしているお店でも、1対1の接客を希望するキャストが大半です。

大きく分けて理由は3つあります。
1つ目は、自分のペースで仕事をしたいのに3Pプレイとなるといつもと取り組み方に違いがあり、リズムが乱され心身ともに疲れてしまうことです。
二つ目は衛生面です。
バイブ、ピンクローター、電マの使い回しは女性が嫌がります。
同じ勤務先の女の子とはいえ赤の他人です。

三つ目は女の子同士の派閥です。
風俗店では力のある女性が仲良しグループを結成することもあります。
派閥女性はグループでない女の子とのプレイは嫌がりますし、もう片方の女性も嫌がります。このような二人組と3Pの場合「即尺」「ダブルフェラ」はNGとなるケースがほとんどです。

勉強の為なら3Pプレイもあり?

複数人でプレイすることを楽しめる風俗嬢がいるのも事実です。
女の子同士のやり取りが面倒に感じないようなラインナップの風俗店だと、あっという間に勤務時間が終了するという魅力が感じられます。
3Pプレイは、業界未経験やスキルに自信が無い子は生でテクニックを学ぶ良い機会になりますし、先輩嬢とも良好な関係が築けていけます。

3Pまとめ

風俗嬢目線で考えた時に3Pの良いところと悪いところが見えたのです。
良い点は「お茶の回避」「本指名数アップ」「給料アップ」「時間以内に仕事が終わりそう」です。
悪い点は「指名客がとられそう」「オマケ扱いされそう」「病気」「容姿体系の比較」が思いつきます。
良し悪しはあると思いますが、多人数エッチのニーズが高まっているのも事実です。
5P以上プレイ可能なお店も存在しますし、逆3Pもあります。
近い未来に4P、5Pが当たり前の時代になっていることも考えられます。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です