クラミジアに気づかずに丸1年、不妊になるって本当?

性病の中のひとつであるクラミジアは自覚症状もなかなか出てこない性病として知られています。
そのために発見が遅れてしまうこともままあります。
そして、クラミジアによって不妊になる可能性があるというのも事実です。

あくまで不妊の可能性が生じる

ここで覚えておいて頂きたいのはクラミジアに感染したからといって必ずしも不妊になるわけではない点です。
あくまでも、その可能性が出てくるということです。
そのため、クラミジアになったからと言って赤ちゃんがもうできないなどということは言い切れません。
あくまでもその可能性が出てくるということですし、
治療によって完治させれば、その後は問題なく妊娠へと進んでいる女性もいらっしゃいますので、
ゼロか百かで考えずに、あくまでも可能性の問題としてとらえておきましょう。
しかし、可能性としてはあるわけですから、自覚しているならば即座に治療をおこなうべきですし、今後はクラミジアへの感染を防ぐことをしっかり考えるべきです。

複数回の感染によるリスク

クラミジアによって不妊に陥ってしまうケースはありますが、
これは一概には言えない部分もあるものの、初回の感染だけならば特に不妊などのリスクに晒されないケースが多いといわれています。
複数回の感染によって卵管の周囲に癒着してしまうなどすると不妊になっていくわけですから、
やはり早めの治療とその後は感染しないということが大切なのです。
また1回ならOKということでもないので、ベストなのは1度も感染しないことなのです。

クラミジアは気づきにくい

世の中には様々な性病があるのですが、クラミジアは特に大きな症状なども出ないことが多く、
気づきにくい性病とも言われています。
そのため、感染しているにもかかわらず、そのまま治療をせずに放置し、
その間に再度クラミジアに感染してしまい、気づいたときには卵管への癒着を起こしていて、
不妊状態に陥っているというケースもあるのです。
そのため、自覚症状がない性病であることを念頭に日ごろから定期的に検査を受けることが良いといわれています。
質問者さんの場合、1年間も気づかずに過ごしてしまったわけですが、
これがどのレベルなのかはわかりませんが、迅速な治療を希望しましょう。
もちろん、1年間放置したからと言って100パーセント不妊になるわけではありません。

いざ診断を受けると不安ばかりがつきまといますが、まずは冷静になって治療を受け、クラミジアを完治させることから考え始めましょう。
そのうえで今後はクラミジアにかからないことを考え、不妊のリスクを低減させましょう。

高待遇なお店の探し方

稼げるお店を探すなら、スカウト型求人サイトがおすすめ!
無料で簡単な登録をするだけで、自分に合った高待遇のお店からスカウトメールが受け取れます。
高収入が集まるスカウトサイトはこちら!

ミミロケ

Qプリ

スカウトメールの中から高待遇なお店をピックアップ!

早速、登録してみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です